« 出産費用の助成金・補助金 | トップページ | 出産費用が用意出来ない時は »

出産費用が戻って来る制度

出産費用は、いろんな手続きをすれば戻ってきます
ここでは、出産育児一時金のほかにも
助成金や補助金制度の事を掲載してます
出産費用が戻って来る制度


出産費用で健康保険を使った場合、
高額療養費の対象として払い戻しされます
正常分娩であれば、健康保険を使うこともないし
なにも問題ないのですが、異常分娩、帝王切開など
健康保険の対象となる医療行為があり・・・
出産費用と国民健康保険の高額療養費払い戻し制度


出産費用と言えば、出産育児一時金ですよね
出産は病気等ではないので健康保険が使えませんが
この制度を利用すれば、出産費用の負担がかなり無くなります
金額は35万円です。出産後に貰えます
出産費用が30万~40万円前後なので妥当な金額ですね
出産育児一時金の請求の仕方


出産時に、帝王切開や異常分娩、新生児への光線治療
などにより、健康保険を利用した場合は、出産費用の
還付制度を年末調整などで受ける事が出来ます
還付制度は、医療費控除という名目にあたり、これは
出産費用に限らず、家族全体の医療費も含める事が出来ます
出産費用の還付制度


出産費用の医療費控除は正常分娩で、
健康保険の対象となっていない場合は適用されません
しかし、医療費控除というものは、家族全体の医療費
という事でOKなので、出産費用だけで考える必要はないんですね
出産費用の医療費控除とは?


給与所得者の方(サラリーマン等)であれば、
2月中旬から3月中旬に確定申告を行なえば、
医療費控除という事で払った税金が戻ってきます
ただし、健康保険の医療費の合計が前の年(1月~12月)に
通常10万円以上かかった場合になります
出産費用の確定申告とは?


|

« 出産費用の助成金・補助金 | トップページ | 出産費用が用意出来ない時は »

出産費用」カテゴリの記事