« 出産費用が用意出来ない時は | トップページ

出産費用の基礎知識

まずは、出産費用に関する基本的な事を理解しましょう
いろいろ分かりますよ(^^)/
出産費用の基礎知識


初めての出産の時って出産費用って一番気になりますよね
まず、定期検診の費用は入れないで、出産(分娩、入院)
にかかる費用の平均をお伝えしますね
出産費用の平均相場は、一般的に30万~40万の間が
多いようです。でも、出産費用はいろんな要素で決まります
出産にかかる費用は平均でどのくらい?


30万円前後とかなり高額な金額なので、
いつ払えばいいのか?というのは気になりますよね
事前に用意しておかないといけないし。。。
では、その出産費用の支払い時期ですが、
通常、出産費用は退院時がほとんどです
出産費用の支払いはいつ?


病院によって、違いはありますが、目安として考えるなら、
帝王切開の場合だと+10万ぐらいみておけば大丈夫です
でも実は、私が勤めていた病院(総合病院)では、
帝王切開の方がトータルの出産費用が安くなるケースもあったんです
これは、帝王切開の部分は健康保険が適用されるからですね
帝王切開の出産費用はどのくらいかかる?


お母さんの疲労と骨盤緊張を緩めるために
無痛分娩を利用する人が最近増えましたね
無痛分娩もいろいろ種類(硬膜外麻酔、局所麻酔法等)が
ありますので一概には言えませんが、
だいたい5万円~10万円ぐらいが相場です
無痛分娩の出産費用はどのくらいかかる?


普通分娩の場合は、30万~40万ぐらいが相場です
これが双子の場合、単純に2倍になるのかというと
そうではありません。大体1.5倍ぐらいです
つまり、45万~60万ぐらいですね。これに、
帝王切開や他の処置も入る可能性がありますので、
弱冠多めに考えておきましょう
双子の出産費用


一般的に土日に出産すると費用が「割高」になりますね(^^;)
でも、1割ぐらいです。土日だけじゃなくて、
平日の9時~17時以外で出産すると「時間外」になりますので
これまた、割高です。。。(^^;)
でも、それはそれ。
土日の出産費用はやっぱり高い?


地域によるところが多いですが、一般的に、
総合病院や個人病院に比べると大学病院は1割~2割程度
安いようです。でも、大学生が研修で入って来たりするので
ちょっと気になる部分もあるかもしれませんね
大学病院の出産費用は安いの?高いの?


出産は、病気などではないため正常分娩であれば、
国民健康保険の適用はありません
そのかわりに、出産育児一時金:35万円を出産後に貰えます
しかし、健康保険の適用がある場合もあります
出産費用に保険は使えるの?


正常分娩であれば、出産は病気などではありませんので
健康保険が使えません。でも、健康保険を使えるケースがあります
それは、出産に際して医療行為が行なわれた時です
例えば、・帝王切開、異常分娩、・生まれてきた子供への
光線療法等の処置・入院期間が通常の7日間を越えた時
(オーバー分が健康保険対象)
国民健康保険が利用出来る出産費用


初めての出産で出産費用について、良く分からない?
という方の為に、
先日2人目出産を経験&助産師の管理人が解説します
☆★出産費用専門サイト~出産費用の事で不安な初産婦の方へ~★☆


出産費用は、大体30万円~40万円ですね。それと、
出産準備や産後に掛かってくる費用が10万円~20万円程
あります。それも覚悟もしておかなくてはいけません
ところが、これだけまとまったお金をすぐに用意出来ない家庭が
実は、全国で7割を超えているのです。ご存知でしたか?
もし、出産費用がない時は、こんな方法で回避しましょう!

|

« 出産費用が用意出来ない時は | トップページ

出産費用」カテゴリの記事