トップページ

2008年10月

出産費用の基礎知識

まずは、出産費用に関する基本的な事を理解しましょう
いろいろ分かりますよ(^^)/
出産費用の基礎知識


初めての出産の時って出産費用って一番気になりますよね
まず、定期検診の費用は入れないで、出産(分娩、入院)
にかかる費用の平均をお伝えしますね
出産費用の平均相場は、一般的に30万~40万の間が
多いようです。でも、出産費用はいろんな要素で決まります
出産にかかる費用は平均でどのくらい?


30万円前後とかなり高額な金額なので、
いつ払えばいいのか?というのは気になりますよね
事前に用意しておかないといけないし。。。
では、その出産費用の支払い時期ですが、
通常、出産費用は退院時がほとんどです
出産費用の支払いはいつ?


病院によって、違いはありますが、目安として考えるなら、
帝王切開の場合だと+10万ぐらいみておけば大丈夫です
でも実は、私が勤めていた病院(総合病院)では、
帝王切開の方がトータルの出産費用が安くなるケースもあったんです
これは、帝王切開の部分は健康保険が適用されるからですね
帝王切開の出産費用はどのくらいかかる?


お母さんの疲労と骨盤緊張を緩めるために
無痛分娩を利用する人が最近増えましたね
無痛分娩もいろいろ種類(硬膜外麻酔、局所麻酔法等)が
ありますので一概には言えませんが、
だいたい5万円~10万円ぐらいが相場です
無痛分娩の出産費用はどのくらいかかる?


普通分娩の場合は、30万~40万ぐらいが相場です
これが双子の場合、単純に2倍になるのかというと
そうではありません。大体1.5倍ぐらいです
つまり、45万~60万ぐらいですね。これに、
帝王切開や他の処置も入る可能性がありますので、
弱冠多めに考えておきましょう
双子の出産費用


一般的に土日に出産すると費用が「割高」になりますね(^^;)
でも、1割ぐらいです。土日だけじゃなくて、
平日の9時~17時以外で出産すると「時間外」になりますので
これまた、割高です。。。(^^;)
でも、それはそれ。
土日の出産費用はやっぱり高い?


地域によるところが多いですが、一般的に、
総合病院や個人病院に比べると大学病院は1割~2割程度
安いようです。でも、大学生が研修で入って来たりするので
ちょっと気になる部分もあるかもしれませんね
大学病院の出産費用は安いの?高いの?


出産は、病気などではないため正常分娩であれば、
国民健康保険の適用はありません
そのかわりに、出産育児一時金:35万円を出産後に貰えます
しかし、健康保険の適用がある場合もあります
出産費用に保険は使えるの?


正常分娩であれば、出産は病気などではありませんので
健康保険が使えません。でも、健康保険を使えるケースがあります
それは、出産に際して医療行為が行なわれた時です
例えば、・帝王切開、異常分娩、・生まれてきた子供への
光線療法等の処置・入院期間が通常の7日間を越えた時
(オーバー分が健康保険対象)
国民健康保険が利用出来る出産費用


初めての出産で出産費用について、良く分からない?
という方の為に、
先日2人目出産を経験&助産師の管理人が解説します
☆★出産費用専門サイト~出産費用の事で不安な初産婦の方へ~★☆


出産費用は、大体30万円~40万円ですね。それと、
出産準備や産後に掛かってくる費用が10万円~20万円程
あります。それも覚悟もしておかなくてはいけません
ところが、これだけまとまったお金をすぐに用意出来ない家庭が
実は、全国で7割を超えているのです。ご存知でしたか?
もし、出産費用がない時は、こんな方法で回避しましょう!

|

出産費用が用意出来ない時は


出産費用の支払いは、退院時期なので、出産育児一時金が
出るまでに、事前に準備しないといけません
そこで、上手な出産費用の準備のやり方を掲載しました
出産費用が用意出来ない時は


出産には、まとまったお金が必要になりますよね
最低でも30万円は事前に用意する必要があります
ちょっと大変です。。。
出産育児一時金(35万円)はあるのですが
これは出産後にしか貰えません。。。
そこで・・・
出産費用がない時は!


出産費用は30万前後掛かるので用意できない場合もありますよね
そんな時は、『出産費用資金貸付制度』というものがあります
出産費用資金貸付制度は簡単にいうと、出産育児一時金を担保にし
最高8割のお金を前もって借りる「前借り制度」です
出産費用を借入れ出来る制度があります


いわゆる出産費用の前借りですね
ここでは、出産費用資金貸付制度についてもう少し詳しく説明しますね
■制度が利用できる人の条件
【条件1】健康保険や船員保険の加入者本人か扶養者
健康保険は入っていると思いますので、これは、問題ないですよね
出産費用資金貸付制度を利用しましょう


通常、出産費用として30万円前後を自分で用意しますよね
でもですね、2006年の10月から制度が一部変更になって
出産育児一時金を直接病院に支払ってもらえる制度が出来たんですよ
手続きの方法ですが、まずは事前に最寄の市役所又は
社会保険事務所に電話などで、申告する用紙を郵送してもらいます
役所から直接病院に出産育児一時金を入金してくれるシステム


出産費用は30万円前後と高額になってしまいますので
すぐに用意できないケースがありますよね
そこで、翌々月払いのカード支払いなら『出産育児一時金』を
返済に充てられるので、カードで支払う家庭も多いようです
しかし、カードで支払えない病院も当然あります
出産費用の支払いは後払いのカードが便利??


出産費用は、妊婦検診や出産準備費用なんかも入れると
実は50万円以上軽くかかっちゃうんですよね。。。
あとから、出産育児一時金で戻って来るとはいえ
うちの家計で立て替えるには、結構苦しい金額でした。。。(^^;)
そこで、私は出産費用をローンで支払って、返済を
出産育児一時金で一括返済しました
どうしても家計が苦しい時はクレジットカードで立て替えしましょう


|

出産費用が戻って来る制度

出産費用は、いろんな手続きをすれば戻ってきます
ここでは、出産育児一時金のほかにも
助成金や補助金制度の事を掲載してます
出産費用が戻って来る制度


出産費用で健康保険を使った場合、
高額療養費の対象として払い戻しされます
正常分娩であれば、健康保険を使うこともないし
なにも問題ないのですが、異常分娩、帝王切開など
健康保険の対象となる医療行為があり・・・
出産費用と国民健康保険の高額療養費払い戻し制度


出産費用と言えば、出産育児一時金ですよね
出産は病気等ではないので健康保険が使えませんが
この制度を利用すれば、出産費用の負担がかなり無くなります
金額は35万円です。出産後に貰えます
出産費用が30万~40万円前後なので妥当な金額ですね
出産育児一時金の請求の仕方


出産時に、帝王切開や異常分娩、新生児への光線治療
などにより、健康保険を利用した場合は、出産費用の
還付制度を年末調整などで受ける事が出来ます
還付制度は、医療費控除という名目にあたり、これは
出産費用に限らず、家族全体の医療費も含める事が出来ます
出産費用の還付制度


出産費用の医療費控除は正常分娩で、
健康保険の対象となっていない場合は適用されません
しかし、医療費控除というものは、家族全体の医療費
という事でOKなので、出産費用だけで考える必要はないんですね
出産費用の医療費控除とは?


給与所得者の方(サラリーマン等)であれば、
2月中旬から3月中旬に確定申告を行なえば、
医療費控除という事で払った税金が戻ってきます
ただし、健康保険の医療費の合計が前の年(1月~12月)に
通常10万円以上かかった場合になります
出産費用の確定申告とは?


|

出産費用の助成金・補助金

ここでは、出産費用の助成金・補助金について解説してます
出産費用の助成金・補助金


出産費用の助成金(補助金)として一番代表的なものは
出産育児一時金(35万円)なのですが、これ以外にも
『出産手当金』というものがあります
これは、「出産育児一時金」とは全く違うものです
「出産育児一時金」は、健康保険が使えない代わりに
保険加入者へのフォローの意味で全員に支給されます
出産費用の助成金『出産手当金』とは?


出産手当金は赤ちゃんを産むための『休業補償』
と考えると分かりやすいです
※産むためなので、育児の期間は除外されます
(別途、育児休業給付金というものがあります)
貰える金額は、産むために会社を休んだ期間の補償のみです
出産費用の助成金『出産手当金』の金額


まずは、「健康保険出産手当金請求書」を取り寄せましょう
お勤め先の担当部署に聞くか社会保険事務所に
問い合わせします。次に、その書類を、①出産後、病院に
「医師または助産婦が意見を書くところ」を記入してもらいます
出産費用の助成金『出産手当金』の手続き方法


|

全国の主な産婦人科医院


巷で有名な産婦人科医院を中心に掲載して行きます
全国の主な産婦人科医院


いわゆる御三家の一つと言われている病院ですよね
御三家とは。。。
築地の聖路加病院・赤坂の山王病院・広尾の愛育病院のこと
そして、山王病院の出産費用は少なくても100万円超!
180万~200万は用意しておいた方が無難です
山王病院は松嶋奈々子さん広末涼子さんも出産しましたよね
山王病院の出産費用


こちらも御三家の一つと言われている病院ですよね
聖路加国際病院の出産費用も少なくても100万円超!
他の御三家病院同様、150万円~200万円は用意が必要です
聖路加国際病院は、陣痛・分娩・回復(LDR)が一室になっていて
家族立合いの上で行うことが出来ます
いわゆる御三家の一つと言われている病院ですよね
聖路加国際病院の出産費用


こちらも御三家の一つと言われている病院です。
しかし、愛育病院の出産費用は他の2つの病院に比べると
比較的安いです。それでも、普通分娩で53万円ですが。。。
個室利用になると、もっとかかります
一番高いお部屋で、1日45,000円です
秋篠宮妃紀子様がご出産された病院としても有名ですね
愛育病院の出産費用

|

出産費用に関するQ&A

出産費用に関するQ&A出産費用に不安はつきもの!
そこで、出産費用に関する「クエスチョン?」を掲載しました。
出産費用に関するQ&A


どの病院で出産するのが一番お得なのか?
出産費用の比較は大事ですよね
でも、ネットで検索しても、出産費用を比較しているサイトは
見かけません。なので、比較の方法をお伝えします♪
といっても、誰でもやろうとする方法なのですが。。。
まずは、お住まいの地域の産婦人科病院を調べる必要があります
出産費用の比較方法とは?


いよいよ出産が間近かに迫っているのに
旦那は節約してくれません。。。冗談です(^^;)
出産準備にかかる費用。。。
私の場合は、50万円以上かかってます
出産費用で30万円、ベビーカーやチャイルドシート、
おむつや肌着、子供用のタンス、お風呂セット・・・
出産準備にかかる費用はどのくらい?


たまに、出産費用を病院へ聞くことをためらう方が
いらっしゃいます。お金の事だからですね。。。
でも、出産費用は非常に高額になる可能性があるので
事前にどんどん問い合わせしましょう!
出産費用を病院へ問い合わせすることは、
決して非常識ではありません。
出産費用を病院へ聞くと非常識!?


通常、出産費用は30万~40万が平均の相場だと言われています
もちろん、この中に入院費用も含まれています
入院期間は7日間が一般的ですね。しかし、帝王切開や異常分娩などで
入院が長引く可能性があります。
出産での入院費用はどのくらいかかる?


円ブリオ基金。。。ちょっと聞きなれないかもしれませんが
以下のような機関があります
「NPO法人 円ブリオ基金センター」
以下は、サイトより抜粋させて頂きました
お腹の赤ちゃんを応援します
円ブリオ(embryo)基金センターは、赤ちゃんが・・・
円ブリオ基金とはなんですか?

|

トップページ